がんね栗とは

 1180年(源頼朝の挙兵)に始まった源平の戦い後、屋島で敗れた平家の落ち武者が宮島から小瀬川の上流の山口県坂上村(現、岩国市美和町坂上地区)に逃れ、大字岸根(がんね)の白瀧山に城を築き暮らすようになりました。

 その一族の中に、接木の名手がおり、地元の坂上村と広島県栗谷村(現、大竹市)に在来種の栗に接木し、その方法を近くの農民に伝授したのが、がんね栗の原点となりました。

 大正2年「全国栗品種名称調査会」で510種の中から、「他に類のない優秀品種」として評価され、育成経過を説明していたが、審査員から名称を聴かれ、とっさに採種した集落名・岸根(がんね)と答えたためにこの栗は「がんね栗」になりました。

 農水省の優良品種「岸根」として誕生。

 

 

  晩成種で10月10日以降、果実は30g以上和栗では最大級の大きさです。果色は褐色、座の大きさは中程度、肉質は粉質で品質は甘味があり良好である。

  企業組合がんね栗の里の園地がある、河平(こうひら)はがんね栗の原木林があり、がんね栗の中でも特に美味しいと地元で言われています。