2016年

3月

31日

今期も今日で・・・

写真は、特定非営利活動法人 障害者支援村が運営しています、地域活動支援センター フェリスの花見です。徳山動物園に利用者9名、支援員4名で行きました。桜の下での記念撮影。

今期も無事、終わりそうです。開設以来順調に(計画よりは遅れ気味ですが)。明日から新しい期が始まります。販売元年のつもりで精進したいと思います。

2016年

3月

29日

山口経済レポートに

27年度やまぎん地域企業助成基金の助成先に選ばれたので、表記の取材を受け、28日号で掲載されました。

地方創生部門ですので、がんね栗の商品アイテムを増やし、各層のお客様のニーズに応え、地域の活性化に努めたいと思います。

2016年

3月

27日

かたくりの花

雨の予報もありましたが、何とか・・。

島根県の吉賀町の「かたくり祭り」に行ってきました。当組合で販売しており、○○より高いが○○より美味しいと言われています「がんね栗アイスミルク」を製造していただいています「山吹グリーンファーム」さんの地元です。大勢の人でした。古代米うどんも食べてきました。美味しかったです。

2016年

3月

24日

新たな販売ツールを

今年度も後わずか。来年度は、今までの方針のパワーアップとプラスを考えています。ミラサポの専門家派遣事業を活用して2日間、教えていただきました。私の不得意な分野(でも得意な分野もありませんが)に挑戦しようと思います。その為にアンドロイドからiPhoneに変えました。

使用法や写真の撮り方を学びました。が活用出来るまでには時間がかかりそうですが精進します。お二人の先生にはあきれずにご指導の程よろしくお願い致します。

2016年

3月

21日

3日間の出店を終えて

19日から今日までの下松SA(上り)の出店を終えて、大変うれしいことがありました。

➀まだ本格的に販売していない「栗衛門」を19日にお買い上げいただいたお客さまが今日来られました。しかし、完売でありませんでした。申し訳ありませんでした。美味しかったので買いに来たのにと。

②SAのインフォーメーションにTELがあり、がんね栗の里さんは今日も出店されていますかとの問い合わせだったそうです。

③きんとんやスィートマロンを購入されて、エリア内で食べてみておいしかったのでと、すぐ買いに来られた方も数人。ありがたいことです。

製造スタッフも益々精進することでしょう。

20日、柳井の花香遊での販売も好評でした。今後も頑張ります。

2016年

3月

20日

製造スタッフが

今日は、フィナンシェ、マドレーヌ、サブレ、栗衛門等を製造している女性2名(1名は人の後ろですみません)が販売に。自分たちが作った商品が試食で「めっちゃ美味しい」「うまい」と言われて嬉しく、自信になり、また精進しようと思いましたと言われ、こちらもうれしく思いました。

明日も、組合員の方が助勢してくれます。

19日の下松SA(上り)

当初の雨の予報でしたが、曇り空で

美和から出る時には、雨がちらほら。

しかし下松SAでは雨も降らず。

4月1日会社に就職予定の女性が販売を手伝っていただきました。

2016年

3月

17日

予告(下松SAと柳井で)

19日~21日、山陽道下松SA(上り)地域物産展で出店します。通常、ここで販売している商品以外のアイテムです。栗衛門、栗ジャム、スィートマロン、がんね栗練ようかん、栗入りようかん、抹茶ようかんは初お目見え。後は11月21日~22日にも販売しました茶巾絞りのきんとん、マドレーヌ、フィナンシェ、サブレ、アイスクッキーです。

20日は柳井の花香遊にも出店します。こちらも昨年に続いての2度目です。

19日は雨みたいですが・・・

2016年

3月

14日

宇部、山口へ

午前中は宇部の産業技術センターから山口の商工会連合会、産業振興財団。

昼食後、福祉関係の会議。その後、県庁に。今月末で退任されます藤部秀則副知事にご挨拶に伺いました。美和町で、農事組合法人を立ち上げた時の農林事務所の所長さんでした。この時も加工所を開所して、お餅やがんね栗のお菓子を製造していました。この時にもいろいろお世話になりました。

企業組合がんね栗の里設立後も、がんね栗の木のオーナーさんになっていただいたり、お世話になりました。ありがとうございます。

今日の午前中の行動は次の展開の準備でもあります。

2016年

3月

12日

あちらとこちら、そして

11日、下関方面から、帰るなり、菓子の表示等で夜遅くまで。製造は他のスタッフさんでした。

今日は3名の女性陣が周南市の龍文寺での「華衣」(衣と食のコラボレーションイベント)に出店でした。自分たちが製造した栗のお菓子の販売です。初めてお客さんの試食による評価を受ける人も1名居られましたが、上々で益々製造意欲が湧いてたそうです。

当方は午前中、中小企業組合士視察研修8名の方への説明でした。栗衛門等の評価も良く、一層精進すべきだと感じました。

午後は岩国市での市民公開講座(福祉関係)の司会進行の役目が待っていました。

この間にトラブル。車に鍵を置いたままロック。さあ大変。時間との勝負。

最終的にタクシーを手配して、自宅まで往復。5000円弱の出費。

当分倹約のためにアルコールを控えようと思いながら、ビールを飲みつつ

これを書いています。意志薄弱。

2016年

3月

09日

個別面談ほぼ終了

もう一足の草鞋の福祉関係の施設で、障害者の利用者との面談でした。3日間かけて。筆談だったり、手話が出来ないので、身振り、手振りも交えて。

そして、彼、彼女の保護者の方との個別面談も相手のご都合に合わせての個別面談。私も二人の障害者の父親ですので、本人の思い、希望。保護者の思い、希望に寄り添って、少しでもそうありたいと思い、実行したいと思います。

その合間を縫って、お菓子の製造にも従事しています。

明日から一泊二日の旅行です。子供が通園している施設のお別れ親睦旅行(18名)です。ルートの中に東京でのスーパーマーケットトレードショーでお会いしました方の関係の所で昼食です。

2016年

3月

05日

卒園の保育児に

地元の保育園の卒園児にプレゼントをしたいとの篤志家の依頼を受けて、栗ペースト使用のサブレにデコレーションしてみました。

0 コメント

2016年

3月

02日

やまぎん地域企業助成基金

下関に昨日から行っていました。

1日の夜はがんね栗の木のオーナーの方(大学を出ての会社でのワンダーフォーゲル部)との会食でした。

創造的・革新的な経営に取り組まれている企業8社。伝統産業の存続・発展に貢献されている事業者1社。今回創設された地方創生に資する取組をされている企業5社(この部門で表彰)。大学等で行われている研究開発5部門。の計19事業所でした。

山口銀行頭取の福田浩一理事長の挨拶で始まり、当組合も表彰状、助成金、記念盾をいただきました。山口県産業振興財団の推薦によるものですが、この助成金はがんね栗の加工品製造の器具、販売に関するツールに有意義に使わせていただきます。ありがとうございました。

懇親会では「マロンパイ」を円卓に出していただき好評でした。帰宅すると

東京からのサンプル依頼もあり、春から縁起がいいかなあ~。