2016年

4月

29日

錦帯橋まつり

昨日、今日と2日間の出店でした。昨日は朝方は雨でしたが、段々と晴れ模様に。今日は一日良い天気でした。

このテーブルクロス?は初登場。

これからも、あちこちこれで見参。よろしくお願い致します。

2016年

4月

26日

錦帯橋まつりで

第39回の錦帯橋まつりは29日(金、祝)です。当組合は前日の28日からの「城下町掘り出し市」から出店します。

と言っても、「美川木工」さんの一隅で。製造スタッフがサプライズの限定品を考えています。勿論、がんね栗ペーストたっぷりの品です。

当日をお楽しみに。

2016年

4月

18日

先ず、ぐりがれった から

先日のプロカメラマンの写真撮りから、店頭販売のPOPを作成。

下松SAで初登場した「ぐりがれった」を試食していただいた方が「美味しい」「まさに栗だ」「珍しい」と言われ、簡易包装で販売しましたら、好評でしたので。

2016年

4月

14日

我が家で

午前中は周南市、下松市、岩国市由宇町に商品の配達でした。

午後は「栞」の撮影です。商品アイテムも増え、PRのツールをいろいろ模索中です。

いろいろ、作業しながらの会話の中に意外と次のヒントがあるのです。

2016年

4月

10日

下松SAで

9~10日の出店でした。9日は博多でしたので、私は今日のみ参加。2日間でしたが、売れ筋商品は日にち、時間で違うのを感じました。「栗衛門」「マロンパイ」は不動ですが。初登場の2枚入「ぐりがれった」も好評で、今後の展開に期待したいと思います。

前副知事の藤部秀則氏も美和町に行かれる前に立ち寄られ、ご購入いただき、新規のがんね栗の木のオーナーを紹介いただくことになりました。

福田良彦岩国市長も立ち寄られ、ご購入いただき、励ましのエールもありました。頑張ります。

2016年

4月

09日

OB会

博多で開催されたOB会に出席しました。

がんね栗の木のオーナーもいらっしゃいます。1916年6月5日の創立から今年が100周年です。この会社でのサラリーマン時代の経験が現在の仕事に役立っています。懐かしい人達にお会いして楽しいひと時でした。

2016年

4月

06日

栗のお好きな方は集合!

週末の9~10日は山陽道下松SA(上り)の地域物産展に出店します。

栗と砂糖のみで無添加の「栗衛門」(柔らかい)と「ぐりがれった」(固い)、がんね栗の渋皮煮が丸ごと入った「マロンパイ」等々販売します。

ご当地初お目見えの「ぐりがれった」は一言で言えば「栗せんべい」。

一般的に せんべい と言えば、つなぎ として小麦粉等が入っていますが、これは、栗と砂糖(保存のため)だけです。

3月の出店の時にお客様からのリクエストがありましたので、簡易包装(2枚入)で300円(税込)です。もし、割れていましたら、ごめんなさい。

この開発に2年近くかかっています。勿論、小麦粉や他のものをつなぎとして、いろいろ試行錯誤した結果の商品です。

まず試食してみて下さい。お口に入れて、かむと、栗の風味が感じられるはずです。

2016年

4月

04日

モンブラン(試作品)

栗と言えば「モンブラン」と言うことで

スタッフがまずイベント様に製造してみました。

味は洋菓子一級技能士の直伝ですので、

実技を重ねてその内販売致します。

2016年

4月

01日

記念式典で

2人の子供(障害者)が通所する施設が就労継続支援B型を開始する(生活介護にプラス)ので、出席しました。家人は保護者として。私は来賓で(地元の手をつなぐ育成会の代表なので)。

この式典の前後は、商品の配達やようかん(練と抹茶)の製造にも少し携わっていました。今期も健康に気をつけて頑張う。