2016年

6月

29日

実りの梅雨?!

22時30分我が家に帰ってきました。東京での出稼ぎを終えて。

がんね栗の収獲は秋ですが、いろいろと実りの予感が。まず東京に支社(最初は駐在員、出張所長、営業所長、支店長、支社長と次々ランクアップ。しかし会社ではないので、東京支部かな~。後ろ姿が東京支部長。美和町出身。これからもご協力いただけることになりました。

また、まだ栗ペーストしかない時からのバイヤーさんを訪問、面談。これだけの商品アイテムを揃えたこととこだわりの「栗衛門」「ぐりがれった」の評価及びご商談。これから東京の各所でがんね栗の商品がお目見えすることでしょう。これらも、バックアップいただきました商工会連合会、県の農林水産部の方達のおかげです。ありがとうございます。ご期待に応えるように

精進致します。

2016年

6月

25日

東京へ出稼ぎ?

昨日は27日から29日開催の東京新宿新南口NEWoMAN 1F AKOMEYATOKYO催事「逸品!やまぐちフェア」で販売する「栗衛門」の製造でした。そして今日発送しました。私は明日、錦帯橋空港から出発します。販売員でもありますが、時々、営業に出かける予定です。

2016年

6月

23日

道の駅仁保の郷

現在開催中の「逸品!やまぐち道の駅フェア」は30日までです。

これは、仁保の郷のコーナーです。

右端にがんね栗の里の商品が並んでいます。モンブラン、マロンシューは冷凍品ですので、違うコーナーにあります。

2016年

6月

16日

犬も歩けば・・・

朝7時前に家を出て、山口に。予約をいただいていました「栗衛門の入った菓子箱」とマロンシューをお届け。商工会連合会に寄り、包装紙のデザインのご意見拝聴。産業振興財団で今年一番力を入れている案件(一部)の仕事を教えてもらいに。午後は会議。帰途道の駅仁保の郷では、フェアの状況の確認。マロンシューや栗ジャムの売行き具合で微笑む。道の駅ソレーネ周南でもマロンパイの在庫なしに、にっこり。やはり、棒にあたる。

やっていれば、助けていただける。期待してやっているのではありません。

「天知る。地知る。人知る。」(悪事も善行も) ビールが美味しい。

2016年

6月

15日

この花はがんね栗です。

現在、町内の栗園はあちこちでこの状態が見られます。

今から、秋までの天候が気になります。昨年は不順で小粒でした。

日柿雨栗です。今年に期待します。

2016年

6月

12日

下松SAで

販売のスタッフが居ませんので、子供2人と地域物産展に。

もっとも、2人は写真撮影のみですが。

1人だと、商品説明が偏ります。

気を付けなければ。反省。

2016年

6月

10日

宅急便のセンターで「がんね栗」

宇部市で荷物(勿論商品です)を送ろうとしていると、「がんね栗。有名ですよね~」と言われ、うれしいと共に何故がんね栗を知っているのと思い質問しました。道の駅で商品を見られたそうです。そして岩国の友人が「がんね栗。美味しいのよ~」と言われたからです。商品をご購入いただいたかどうかは聞きませんでしたが、がんね栗を一人でも多くの方に知っていただければありがたい限りです。

2016年

6月

05日

フジグラン宇部

4日間、「やまぐち地産・地消フェア 食べちゃろ市」に出店。

2時間以上かけて到着。2日には久保田宇部市長さんもブースに立ち寄られ、「栗衛門」の表示を見て、添加剤も入らずこれでは安いと言われました。お客さんが栗衛門の試食後、他の売り場を回られ、この味が忘れられないと再び来場。ご購入。昨日買ったが、美味しかったので今日もと来られた方。10本まとめてお買い上げいただいた方もいらっしゃいました。初登場のがんね栗マロンシューも途中で無くなり、追加注文で何とか対応。

おかげさまで、売り上げの方も順調でした。

TELやフェイスブック等でのご来場、ご協力ありがとうございました。

2016年

6月

04日

道の駅仁保の郷

「逸品!」やまぐち 道の駅フェア」の試食販売イベントが開かれ、出店しました。下松SAでお買い求めいただいた方があの味が・・・と「栗衛門」を4本。

この日の様子は5日の読売新聞山口版に写真入りで掲載されています。中国新聞にも「岩国特産の岸根栗・・・」と。多くの県民の方にがんね栗を知っていただき、味わっていただきたいと思います。

2016年

6月

01日

道の駅フェア

4日から30日まで、「逸品!やまぐち道の駅フェア」が開催されます。きくがわ(下関市)、おふく(美祢市)、ゆとりパークたまがわ、阿武町(萩市)仁保の郷、願成就温泉(山口市)潮彩市場防府、ソレーネ周南に昨日から商品を発送しています。

県内各地で、がんね栗の商品を味わっていただきたいと思います。