やまぎん地域企業助成基金

下関に昨日から行っていました。

1日の夜はがんね栗の木のオーナーの方(大学を出ての会社でのワンダーフォーゲル部)との会食でした。

創造的・革新的な経営に取り組まれている企業8社。伝統産業の存続・発展に貢献されている事業者1社。今回創設された地方創生に資する取組をされている企業5社(この部門で表彰)。大学等で行われている研究開発5部門。の計19事業所でした。

山口銀行頭取の福田浩一理事長の挨拶で始まり、当組合も表彰状、助成金、記念盾をいただきました。山口県産業振興財団の推薦によるものですが、この助成金はがんね栗の加工品製造の器具、販売に関するツールに有意義に使わせていただきます。ありがとうございました。

懇親会では「マロンパイ」を円卓に出していただき好評でした。帰宅すると

東京からのサンプル依頼もあり、春から縁起がいいかなあ~。