接待の手土産

1ケ月前の3月9日のチョンボはこれでした。秘書が選んだ至極の逸品のセレクションで、1本の価格を提示していたのでした。秘書の方から、これでは名刺代わりですね と言われました。支部長と二人で、書類はそうなっていますがとこれ説明に努めました。お蔭様で和菓子の方の新着のところに「がんね栗衛門」が掲載されています。勿論、反響もありました。やれやれ。